3月26日(月) 

 文京区では学校統廃合が大きな焦点になっています。区議会与党も「見直し」を言わざるを得なくなっています。しかし、今まで推進してきた責任と「見直し」の具体案はありません。

 統廃合計画の問題点−ゞ萍韻寮は世鯡技襪靴新弉莪董´規模の小さな学校の良さを生かさず廃校にする C楼茲罰惺擦里弔覆りを壊す に漂匍鯏世鬚覆す…いろいろあります。わたしは計画をまず、白紙に戻すことを訴えます。

 まんだち幹夫は言いたい。先日出席した卒業式で感じました。校長先生の式辞は、今年も卒業生一人ひとり名前をあげその子の長所、夢を励ましました。全員にですよ!こんなことできるのは小規模校ならではです。「児童数が少ないから廃校」、それは納得できません。自分のことばで、これからも区民のみなさんに訴えます。

 

tazawakoush11.jpg(写真は私の出身小学校)

 

Comments are closed.