1月31日(水) 「いのちの山河」

 「実行委員会」主催の「日本の青空供,い里舛了害蓮廚魎嫋泙靴泙靴拭

 労組、医療団体や「9条の会」などが力を合わせ、とりくんできました。この日、3回の上映で合計8百数十人が観たそうです。深澤村長は「生命尊重」の立場で、「豪雪、病気、貧困」の三悪の解決にとりくみ村を救います。「行脚と対話」を信条に、村々を歩き回る姿は、いまに通じるものがあります。

 観終わったとき、ひじょうにスッキリ、また、頑張らねば!と思いました。

img01.jpg

 

Comments are closed.